両者のメリット・デメリットを比較し、自分に合うものを購入しましょう。

購入するならマンションか戸建てか?

マンションか戸建てか

 

そろそろ家を買おうと思っている時に、マンションにするか戸建てにするか、悩みがちなポイントですよね。今回は、マンションと戸建て、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

マンション購入のメリット

管理会社が共用部の管理をしてくれる

エントランス廊下などはもちろん、共用部であれば草むしりも管理会社が対応してくれます。ゴミ置き場の掃除もする必要はありません。

 

ゴミを24時間出せる物件もある

戸建てに住んでいると、ゴミは決められた曜日・時間に出すことになります。一方、最近のマンションは共用のゴミ捨て場を設け、24時間自由にゴミを出せるというところが増えてきています。
自分のタイミングでゴミを捨てられるので、朝の忙しい時間もバタバタしないで済むのがうれしいポイントです。

 

セキュリティ面が安心

マンションは、オートロックシステムや防犯カメラ、警備会社と連携しているなどセキュリティ面に優れているのがメリットです。管理人さんが24時間常駐しているところもあります。

 

マンション

 

マンション購入のデメリット

近隣トラブルが発生するリスクがある

マンション住まいで一番と言ってもいいほど気になるのが近隣トラブル。騒音問題など、ペットを飼っている方やまだまだ遊びたい盛りの小さいお子さんがいる家庭では特に気になるかもしれません。
また、共用部分の使い方ベランダでタバコを吸う際などさまざまなことでトラブルが発生しています。

 

駐車場料金が別途かかる

マンションの場合、駐車場代を別途支払うケースが多くなります。また、屋根のない駐車場だと車が汚れやすくなってしまい、機械式駐車場は車種の制限が出てきたり出し入れが面倒だったりするのが懸念点として挙げられます。

 

増築やリフォームができない

戸建てであれば、増築やリフォームは設計上問題なければ自由にできます。しかし、マンションは増築やリフォームはほとんどの場合難しいといえます。できるとしても、管理会社に図面を提出して許可を得るなど手間がかかります

 

戸建て購入のメリット

資産に残しやすい

マンションは、立地条件が良くない場合、築年数によって資産価値が下がる傾向にあります。一方、戸建ては建物が老朽化しても土地の部分が資産として残せる場合があります。

 

騒音トラブルが少ない

独立性が高い戸建ては騒音トラブルが起きにくいといえます。そのため、楽器を練習したいという方やペットを飼いたいという方、小さいお子さんがいる方でもそれほど神経質にならずに済みます。
とはいえ、お隣さんの迷惑にならないよう、楽器を練習する際は窓を締めるなど騒音対策をしておく必要があるので注意しましょう。

 

家族間のプライバシーが保てる

マンションの場合、各部屋が離れていない設計が多く、家族間のプライバシーが保ちづらくなります。戸建てでは、分譲住宅でなければ自身で部屋の位置関係などを提案できるのがメリットといえます。

 

戸建て

 

戸建て購入のデメリット

駅から遠くなる可能性がある

マンションは駅近の物件が多いため利便性が高いのですが、戸建てになると駅から遠くなる傾向にあります。電車通勤をしている方には面倒になるかもしれません。

 

ご近所付き合いの必要性

「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、地域独特のローカルルールがあるもの。自治会や町内会に入らざるを得ないということもあり、戸建てを買う場合は地域コミュティに気を配る必要があります。
災害時など万一の時には頼りになりますが、人間関係を築くのが億劫な方には煩わしく感じてしまうかもしれません。

 

修繕費を自分で貯蓄する必要がある

時がたつにつれて建物は老朽化していき、修繕が必要になります。マンションは別途、管理費や修繕費を積み立てますが、戸建ての場合、自身で積立資金を管理する必要があります。

 

どちらを買うべき?

戸建てかマンションかを選ぶ際は、これだけは譲れないというポイントを出して検討するのがおすすめです。お金の面に関しても、戸建ては、住宅ローンの返済、固定資産税があり、マンションは管理費、駐車場代、修繕積立金がかかります。
人生における大きな買い物となるので、決して見切り発車しないようにしましょう。

ページの先頭へ戻る