住宅ローン破綻のリスクがないのが一生賃貸の1番のメリットです。

一生賃貸で暮らすことのリスクについて

賃貸のリスク

 

一生賃貸で暮らすリスクとして、家賃を払い続けなければならないということが挙げられます。これは、家賃を払うための収入が生きている間必要になるということです。

 

定年後、貯金と年金があるから大丈夫とはいっても、大病を患ってしまい多額の医療費が必要になってしまうなど人生何があるか分かりません
その結果、老後破産してしまい住む場所を失ってしまったということも無きにしもあらずです。

 

こちらでは、一生賃貸でいることのデメリットとメリットをまとめてみました。

 

一生賃貸のデメリット

資産が残せない

マイホームを購入すれば家を資産として子供に残せます。定年までにローンを完済していれば居住費はかからず、売却したり賃貸として貸したりして収益を得ることも可能です。
一方、賃貸は借り物なので資産としてはもちろん残せません

 

家賃を一生払い続けなくてはならない

賃貸だと家賃を一生払い続けなくてはなりません。そのため、家賃代を払う一定の収入が必要になります。
マイホームだとローンを完済できればその心配がありません

 

自由にリフォームできない

足腰が弱ってきたからバリアフリーにしたくても、賃貸だとそう簡単にリフォームすることはできません
子供が増えたから壁で仕切ってもう一部屋作る、といったこともできないので、先々のことを考えて家を選ぶ必要があります。

 

 

しかし、一生賃貸で暮らすことにもメリットはもちろんあります。

 

 

一生賃貸のメリット

身軽に引っ越せる

引っ越しをした際に、お隣さんがうるさかったり環境が気に入らなかったりするトラブルは、もしかしたら自分の身にも起こるかもしれません。
マイホームを持っているとそう簡単に引っ越せませんが、賃貸ならば比較的身軽に引っ越せます。

 

また、子供ができたら広めの家に引っ越して、子供が巣立ってまた二人暮しに戻ったら、狭めの家に引っ越すなどライフスタイルに合わせて住み替えしやすいのもメリットです。

 

住宅ローンがないので破綻リスクが少ない

マイホームを購入する際、頭金が少ないと月々の返済に負担がかかります。
また、思わぬ大病にかかってしまった、夫婦で返済していたのに離婚をしてしまったなどでローン返済ができなくなり多額の借金を背負ってしまうというケースも

 

賃貸であれば自分の収入に合ったところに住み替えればよいので、そのようなリスクを防ぎやすくなります。また、日本は自然災害が多い国です。自宅が崩壊して、住宅ローンだけが残るというリスクも減らせます。

 

修繕費は大家さんが負担してくれる

賃貸の場合、雨漏りしていたり賃貸設備として付いていたエアコンが故障して使えなくなったりしたら、基本的に大家さんが修繕してくれます。
これがマイホームの場合だと、修繕費は当然自己負担です。

 

一生賃貸とマイホームどちらがいいのか

賃貸のメリットとデメリット

 

マイホームを持つということは、それと同時に巨額の借金を抱えることになります。しかし、ローンの返済を無事終えて長く住めれば、持ち家の方がお得といえます。

 

一生賃貸で暮らすと家や土地という資産は残せませんが、副業のような別の方法で資産を作るという方法があります。

 

マイホームを持つのも一生賃貸で暮らすのも一長一短です。
まずは、自分が老後どれくらいのお金を貯金できるか、資産はどうやって作っていくかを考えてから慎重に検討しましょう。

ページの先頭へ戻る