年代別の貯蓄額を参考にすると、目標額がいくらになるか明確になります。

平均的にいくら貯蓄してる?

貯蓄額

 

自分の今の歳でいくら貯蓄するのが妥当なのか気になりますよね。今回は、年代別の平均的な貯蓄額と、お給料からどれくらい貯蓄にまわすべきかをを調べました。
自分の今の貯蓄額と比べて、今後のマネープランの参考にしてみてください。

 

なお、年代別の貯蓄額には、「平均値」と「中央値」という数値が出てきます。
これらの意味は、

「平均値」…集めたデータの合計値を、集めたデータの数で割った平均的な数値
「中央値」…集めたデータを小さい順に並べた際、ちょうど中央にくる数値

ということを示しています。

 

なぜこの2つの数値が出てくるのかというと、平均値を出す際にずば抜けて高い数値があると、平均額がその数値につられて引き上がってしまうためです。
すなわち、中央値とは一般的な家計像を捉えているということになります。

 

それでは、金融中央広報委員会が発表している「家計の金融動向に関する世論調査」を元に、年代別の平均貯蓄額を見ていきましょう。

 

二人世帯以上の場合

二人世帯以上の貯蓄

 

60代までは年々貯蓄額が上がりますが、60歳以降は定年退職などが関わってくるため、中央値は貯蓄額がガクッと減っています。いずれにせよ、中央値と平均値の差が大きいので、老後までの貯め時を逃さないようにしておきましょう。

 

年代 平均値 中央値
20代 249万円 111万円
30代 660万円 382万円
40代 942万円 550万円
50代 1,481万円 900万円
60代 1,849万円 1,000万円
70歳以上 1,780万円 700万円

 

単身世帯以上の場合

単身世帯の貯蓄

 

平均値では順調に貯蓄額が上がっています。一方、中央値は平均値よりもかなり低い額という厳しい結果が出ています。

 

年代 平均値 中央値
20代 128万円 5万円
30代 317万円 40万円
40代 657万円 25万円
50代 1,043万円 100万円
60代 1,613万円 500万円

 

お給料からどれくらい貯蓄しておけばいいのか

 

月々のお給料から平均的にどれくらい貯金するかというと、独身一人暮らしの場合は約10%子供がいる共働き夫婦の場合は約15%を貯蓄にまわすのが理想とされています。
例えば、独身一人暮らしの方の場合、手取り25万円貰えるならば2.5万円を貯蓄に回すということです。

 

二人世帯の場合は、上記の平均貯蓄額を見ると分かる通り、子供を授かる前(20~30代)と子供が独立したとき(50代)が貯め時のピークです。この時期にしっかりとお金を貯めておくことで老後の負担を減らせます。

 

最後に、平均値や中央値がこれくらいだからといって安心していてはいけません。平成30年総務省の「家計調査年報」によると、高齢者夫婦無職世帯の月の支出額は約26万円という結果が出ています。

 

このことから、老後25年間生きた場合、夫婦で約7,800万円が必要となります。ここから年金支給額を差し引くと、1700万円程度の貯蓄が必要となるのが分かります。
これはあくまでも平均的な額で、病気や災害など万一のことがあれば、もっとお金が必要になります。この点を念頭において貯蓄をしていきましょう。

 

ページの先頭へ戻る