資産運用に不安があれば、100円から始められる少額投資を検討しましょう。

初心者の方は少額投資からスタートしよう

初心者のための少額投資

 

ちょっとお金に余裕ができたという方は、資産運用をして働かずにお金を増やすことを考えていいかもしれません。

 

そもそも資産運用とは、自分が持っている現金・不動産・株・債権などを、貯蓄したり投資したりして効率的に資産を増やすことです。初心者の方は失敗したときのリスクが怖いと思うので、まずは小額から投資ができる「少額投資」をしてみるのがおすすめ。

 

100円から投資できるものや、プロの方が銘柄を選んでくれるもの、安定して収益が得られるものがあるので、投資が初めてという方にも安心です。ここでは、特におすすめな少額投資をご紹介します。

 

株式売買の練習にぴったりな「ミニ株」

 

一般的な株式取引では、「単元株」という何株ごとに売るかという売買単位が決められています。例えば、1単元1000株の場合だと、1000株、2000株、3000株という1000株単位でしか取引できません。
一方、「ミニ株」ではこの単元株が1単元に満たない「単元未満株」でも取引ができます。つまり、1単元が100株ごとしか取引できなくても、1株などから購入できるということです。

 

大きな利益を出すことはできませんが、単元株の取引の練習になります。また、いくつかの企業に分散投資することで、株価が下落した際のリスクを軽減できるのも魅力です。

 

比較的安定して収益が得られる「るいとう」

 

「るいとう」は、ある特定の銘柄の株式を毎月一定額(1銘柄につき1万円以上から)で購入し、少しずつ保有株数を増やしていく投資法です。購入金額が決まっているため、株価が安い時には大量に購入でき、逆に株価が高い時は購入する量を抑えられます。
そのため、大きな損失をしにくく、安定して収益を得られるのがメリットです。

 

ちなみに、このことを「ドルコスト平均法」と言います。毎月購入のタイミングを見計らわなくてもよいので、初心者の方におすすめです。

 

プロが銘柄を選んでくれる「積立投資」

 

「積立投資」は、毎月一定額の投資信託を購入して積み立てていく投資法のことです。100円から始められ、途中で増額したり増減したりするのも自由です。少ない資金で投資するため負担が比較的少なく、購入する時期を分散するのでリスクの軽減にもつながります。
また、銘柄はプロが選んでくれるため、知識がない方でも挑戦しやすいという点もメリットです。

 

非課税でコツコツと資産を増やせる「つみたてNISA」

 

「つみたてNISA」は、投資した配当金や値上がり益が非課税となる「小額投資非課税制度」です。
年間40万円が上限で、最長20年間非課税になります。小額からの投資が可能で、定期的に一定金額分の株が購入できるためドルコスト平均法のメリットが受けられます。

 

また、金融庁が選んだ投資信託やETF(上場投資信託)のみで、かつ手数料が低水準で長期分散投資に適しているものが対象という点でも、初心者の方におすすめといえます。

 

 

つみたてNISAについて専門家に相談する人

 

投資は失敗すると、財産を失いかねません。まずはリスクの少ない少額投資から始めて、徐々にレベルの高い投資に目を向けることがおすすめです。
よく分からないけど挑戦してみたいという方やはじめ時がいまいち分からない方は、ファイナンシャルプランナーなど専門の方に相談してみましょう。

ページの先頭へ戻る